30代後半からの妊活 | 愛知県津島市で、不妊症・婦人科疾患・マタニティ・産後ケアは、整体House健康堂へ

整体House健康堂

  • 駐車場2台完備
  • 19時まで営業

[予約制] 営業時間:8:30~19:00 / 日曜定休
愛知県津島市西愛宕町2-115-1 東園ビル1F

  • 不妊症
  • 婦人科疾患
  • マタニティ
  • 産後

0567-24-0207

メールで予約

LINEで予約

コラム

コラム

30代後半からの妊活

こんにちは。

愛知県津島市の整体院

不妊専門整体 整体House健康堂の青山です。

今回は30代後半から妊活を始められる方に

少しでも参考になればと思い書きます。

 

やむを得ない事なんですが、

赤ちゃんを授かる確率は年齢とともに低下していき、

特に30代後半からはガクンと下がります。

 

それは、妊娠する力(卵巣機能)に左右されるからです。

 

年齢とともに卵巣も老化するため20代のように毎周期、卵胞を育て

排卵させる力が衰えてきたり、薬を使っても卵が大きく育たない

など、さまざまな治療も効果が低くなり、結果妊娠が難しくなります。

 

また、自然妊娠や人工授精の場合、妊娠できるかどうかは

卵巣内に残っている良い卵子に巡り合えるかどうかにかかっています。

 

ですが排卵は、良い卵子が選ばれるのでなく、

ランダムに選ばれ排卵されますから

自分ではコントロールできない部分でもあります。

 

このような事を考えると30代後半から妊活される方は

体外受精も視野に入れることも必要ではないかと思います。

 

当院に来院されているクライアントさんにも

「体外受精は自然じゃないから」

「子供に影響がありそう」

「主人が体外受精に反対している」

 

このような声もありますが

体外受精も自然妊娠もご夫婦の赤ちゃんを宿した

ことに変わりはなく、ちゃんとした妊娠だと私は思います。

 

本来の目的は、健康な赤ちゃんを出産し

家族として共に人生を過ごすことではないですか?

 

体外受精、人工授精、タイミング法などは

この目的を達成するためのあくまで手段です。

 

もちろん体外は、経済的負担が大きな障害となりますが、

納得いくまでご夫婦で話し合われてますか?

思い込みや先入観で体外受精を否定していませんか?

 

大切なのは、後悔しないようご夫婦で決めること。

 

当院では、ご夫婦でカウンセリングを受けて頂けます。

気になる方は、ご相談ください。

 

今日も素敵な一日をお過ごし下さい!

記事一覧に戻る

新規の方は特別価格で施術を受けていただけます

【予約制】ご予約・お問い合わせはこちら

  • 0567-24-0207
  • メールで予約
  • LINEで予約

【 受付時間 】平日8:30~19:00 土曜・祝日8:30~17:00(日曜休診)

【 住所 】〒496-0037 愛知県津島市西愛宕町2-115-1 東園ビル1F

予約の受付時間
8:30~19:00

※土曜・祝日の予約の受付時間は8:30~17:00です。
休診日は、日曜日、GW、お盆、年末年始、その他当院の都合により休診とする場合があります。
ご迷惑をおかけいたしますがご了承願います。

  • 駐車場2台完備
  • 19時まで受付
  • 周辺マップ
Copyright © 整体House健康堂 All Right Reserved.