ストレスが着床させにくくする!? | 愛知県津島市で、不妊症・婦人科疾患・マタニティ・産後ケアは、整体House健康堂へ

整体House健康堂

  • 駐車場2台完備
  • 19時まで営業

[予約制] 営業時間:8:30~19:00 / 日曜定休
愛知県津島市西愛宕町2-115-1 東園ビル1F

  • 不妊症
  • 婦人科疾患
  • マタニティ
  • 産後

0567-24-0207

メールで予約

LINEで予約

コラム

コラム

ストレスが着床させにくくする!?

こんにちは。

愛知県津島市の不妊専門整体院

整体House健康堂の青山です。

 

今日は、「ストレスと不妊の関係」について
お話ししたいと思います。

 

妊活されている方はよく聞く言葉ですよね。

イメージ的には分かるけど、

具体的になぜストレスが妊娠を妨げるのか?

を理解している方は少ないようです。

 

それではいってみましょう。

 

ストレスと聞くとほとんどの方は精神的なストレスをイメージしますよね。

ですがストレスとは、
「生活習慣や環境によって心や体に負担がかかっている状態。」のこと。

ですからストレスには3つのストレスがあります。

①精神的ストレス
仕事や家庭、人間関係など精神的なストレスです。
過去のトラウマや思考ぐせなども精神的なストレスとなります。

②肉体的ストレス
普段の姿勢、過去のケガ、働き過ぎ、睡眠・運動不足
不規則な生活リズム、栄養の偏りなど
身体に直接負担をかけるストレスです。

③環境的ストレス
暑さ・寒さ、気圧、食品添加物、環境ホルモン(化学物質)
重金属、放射線、大気汚染、ハウスダストなど
外的要因や外部から取り込まれる有害物質によるストレスです。

 

私たちは、これら3つのストレスを毎日受けており
自律神経のバランスを乱します。

これらのストレスは、交感神経を優位な状態にします。

交感神経はアドレナリンやノルアドレナリンという
ホルモンを分泌させます。

ノルアドレナリンが血中に放出され続けると
血液中の免疫細胞(白血球)のバランスが乱れます。

リンパ球が低下し顆粒球が増加します。

 

そしてこの顆粒球が悪さをするのです。

 

女性の体は、排卵期から子宮内の免疫細胞が増加し
ウイルスや細菌などに感染しないよう免疫機能を
引き上げています。

ですが免疫細胞のバランスが乱れて顆粒球が増加すると
体のあちこちで炎症を引き起こしてしまうのです。

これが子宮内部で起こるとどうなるのか?

免疫異常によるこの炎症反応は
子宮内にある受精卵を異物とみなし攻撃します。

 

つまり着床を抑制する働きをしてしまうのです。

 

自分を守ってくれるはずの免疫が真逆に働き
妊娠を妨げてしまうんですね。

 

今回お伝えしたのは
ストレスが原因で起こる不妊の一つに過ぎません。

これ以外でも3つのストレスは
様々なトラブルを引き起こします。

 

当院では、3つのストレス源のうち
「どのストレスが要因になっているのか?」
「どこを調整すると改善できるのか?」
をキネシオロジーで探し出し整えます。

 

気になる方は、お気軽にご相談ください!

 

それでは、今日も素敵な一日をお過ごしください。

記事一覧に戻る

新規の方は特別価格で施術を受けていただけます

【予約制】ご予約・お問い合わせはこちら

  • 0567-24-0207
  • メールで予約
  • LINEで予約

【 受付時間 】平日8:30~19:00 土曜・祝日8:30~17:00(日曜休診)

【 住所 】〒496-0037 愛知県津島市西愛宕町2-115-1 東園ビル1F

予約の受付時間
8:30~19:00

※土曜・祝日の予約の受付時間は8:30~17:00です。
休診日は、日曜日、GW、お盆、年末年始、その他当院の都合により休診とする場合があります。
ご迷惑をおかけいたしますがご了承願います。

  • 駐車場2台完備
  • 19時まで受付
  • 周辺マップ
Copyright © 整体House健康堂 All Right Reserved.