34週での逆子改善! | 愛知県津島市で、不妊症・婦人科疾患・マタニティ・産後ケアは、整体House健康堂へ

整体House健康堂

  • 駐車場2台完備
  • 19時まで営業

〒496-0037
愛知県津島市西愛宕町2-115-1 東園ビル1F

  • 不妊症
  • 婦人科疾患
  • マタニティ
  • 産後

0567-24-0207

予約制営業時間:8:30~19:00 / 日曜定休

WEBからお問い合せ

臨床報告

臨床報告

34週での逆子改善!

こんにちは。

不妊専門整体
整体House健康堂の青山です。

本日の症例報告は「逆子の改善例」です。

 

妊娠34週のクライアントさん(32歳)

 

病院での定期検診(30週)で逆子と言われ

病院での指導のもと、逆子体操をやっていたが戻らず

34週に入ったところで当院へ来院されました。

 

正直、「34週、、、時間がない」

 

やれるだけのことはやってみよう。

 

早速、触診での検査をしてみますと

お腹が少し張っている様子。

 

上向きに寝てもらい再度お腹を検査すると

やはり張っている、、、

 

特に「横っ腹」の部分

 

クライアントに便通の状態を伺うと

「妊娠後期に入ってから3日~4日に一度しかでません。」

とのこと。

 

原因は、おそらく大腸(便秘)です。

 

便秘により腸が硬くなり子宮を圧迫し

胎児の動きを妨げている様子です。

 

調整は、まずお腹の張りをとるため

肝臓、横隔膜を緩めていきます。

 

左大腰筋と左腎臓も調整。

 

すると、大腸の硬さが消滅し張りも感じられなくなりました。

 

最後に、逆子のツボ「至陰」からエネルギーをチャージし

お腹の赤ちゃんにどっち回りで戻りたいか聞いて

そっとお腹に触れて戻るイメージで待つこと数分。

 

動く感じがあったので調整はここで終了!

 

3日後、病院で検査すると、ちゃんと正常に戻っていました。

 

妊娠中期までは、赤ちゃんは子宮の中を動き回るので

特に気にしなくても良いかと思います。

 

ですが、28周(8ヶ月)を過ぎると赤ちゃんはどんどん大きくなり

動けるスペースも無くなっていきます。

 

さらに32週を過ぎるとなかなか戻らないというケースもあります。

 

病院では、36週になっても戻らなければ帝王切開を検討します。

 

そうです。

 

このクライアントさんは、34週。

 

あと2週しかない。

 

正直厳しいかな?と思いましたが

3日後の検査で正常になっていたので

私自身ホッとしています。

 

あともう少しで赤ちゃんに会えますね!

記事一覧に戻る

新規の方は特別価格で施術を受けていただけます

【予約制】ご予約・お問い合わせはこちら

  • 0567-24-0207
  • メールフォームはこちら

【 受付時間 】平日8:30~19:00 土曜・祝日8:30~17:00(日曜休診)

【 住所 】〒496-0037 愛知県津島市西愛宕町2-115-1 東園ビル1F

予約の受付時間
8:30~19:00

※土曜・祝日の予約の受付時間は8:30~17:00です。
休診日は、日曜日、GW、お盆、年末年始、その他当院の都合により休診とする場合があります。
ご迷惑をおかけいたしますがご了承願います。

  • 駐車場2台完備
  • 19時まで受付
  • 周辺マップ
Copyright © 整体House健康堂 All Right Reserved.