妊娠初期の背中の痛み | 愛知県津島市で、不妊症・婦人科疾患・マタニティ・産後ケアは、整体House健康堂へ

整体House健康堂

  • 駐車場2台完備
  • 19時まで営業

〒496-0037
愛知県津島市西愛宕町2-115-1 東園ビル1F

  • 不妊症
  • 婦人科疾患
  • マタニティ
  • 産後

0567-24-0207

予約制営業時間:8:30~19:00 / 日曜定休

WEBからお問い合せ

臨床報告

臨床報告

妊娠初期の背中の痛み

本日の症例は、妊娠6週目に入ったばかりの30代の妊婦さん

当院のご利用は初めての方です。

 

お話を伺うと

・3日前の夕方から背中(左肩甲骨内側)に痛みが出だした

・首を動かしても腕を動かしても寝てても痛い

 

他に症状がないか伺うと

・慢性的な肩こりがある

・頭痛が時々ある

 

このような状態で来院されました。

 

【可動域検査】

・首の伸展、左右回旋制限(いずれも痛みを伴う)

・左肩の挙上制限(痛みあり)

・右肩の挙上はOK!

 

特に首を伸展(天井を向いてもらう)させるときに強い痛みが出ていました。

過去、寝違えたことがあるか聞いてみましたが一度もないそうです。

 

早速、潜在意識に伺います。

Q背中の痛みはどこが痛む?
A左の第3肋椎関節(緩んでる)

Q関節の緩みの原因は?
Aホルモン(リラキシン)

Q緩みを正常にするには?
Aミネラルの吸収率を上げる(カルクフロアー:軟部組織に作用)

 

背中の痛みの原因は、

ホルモンの変化で体のバランスが崩れた

結果でした。

 

ミネラルを調整後、再度痛みを確認すると

10→3まで軽減していました。

 

「残りの痛みは、時間とともに消失するでしょう。

1週間後に診せに来て下さい。」

とお伝えし、この日の調整は終了。

 

【解説】

妊娠初期は、ホルモンがかなり変化します。

HCGやリラキシンの分泌が増えていきます。

 

今回のクライアントさんは、

リラキシン(靭帯を緩めるホルモン)の作用により

体全体のバランスを崩し、左の肋椎関節に負担を

かけていました。

 

妊娠初期は、赤ちゃんにとって最も大切な時期です。

当院では、ホルモン以外にも胃や脾臓(つわりに関係)、

肝臓や心臓(循環)など体全体を見ていきます。

 

※自律神経整体は、身体のバランスを整えるものです。医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査の反応です。

※まずは医師にご相談ください。

 

記事一覧に戻る

新規の方は特別価格で施術を受けていただけます

【予約制】ご予約・お問い合わせはこちら

  • 0567-24-0207
  • メールフォームはこちら

【 受付時間 】平日8:30~19:00 土曜・祝日8:30~17:00(日曜休診)

【 住所 】〒496-0037 愛知県津島市西愛宕町2-115-1 東園ビル1F

予約の受付時間
8:30~19:00

※土曜・祝日の予約の受付時間は8:30~17:00です。
休診日は、日曜日、GW、お盆、年末年始、その他当院の都合により休診とする場合があります。
ご迷惑をおかけいたしますがご了承願います。

  • 駐車場2台完備
  • 19時まで受付
  • 周辺マップ
Copyright © 整体House健康堂 All Right Reserved.