女性ホルモンってなに? | 愛知県津島市で、不妊症・婦人科疾患・マタニティ・産後ケアは、整体House健康堂へ

整体House健康堂

  • 駐車場2台完備
  • 19時まで営業

〒496-0037
愛知県津島市西愛宕町2-115-1 東園ビル1F

  • 不妊症
  • 婦人科疾患
  • マタニティ
  • 産後

0567-24-0207

予約制営業時間:8:30~19:00 / 日曜定休

WEBからお問い合せ

コラム

コラム

女性ホルモンってなに?

こんにちは。

不妊専門整体
整体House健康堂の青山です。

 

11月に入って朝晩の冷え込みがきつくなりましたね。

手袋が欲しい今日この頃です。

 

今週、不妊整体を受けられている2人の方から

妊娠報告を受けました!(詳細は追って報告します。)

 

さて今日は、女性ホルモンについてお伝えしていきます。

 

女性ホルモンという言葉は誰もが知っていると思いますが

どこで作られて、どんな働きがあるのかまで知ってる方は

以外にも少ないようです。

 

女性ホルモンとは、

エストロゲン(卵胞ホルモン)

プロゲステロン(黄体ホルモン)

この2つホルモンのことを言います。

 

いずれも卵巣内で作られていますので

女性ホルモン=卵巣ホルモンとも言います。

 

では、それぞれの働きについて見ていきましょう。

 

・エストロゲン

脳下垂体から卵胞刺激ホルモンの分泌を受けて

卵子は成熟していきますが、卵胞の発育とともに

分泌されるホルモンです。

 

主な働きは、

・子宮内膜を増殖させ妊娠の準備を行う

・頚管粘液の分泌、粘度調整を行い精子を入りやすくする

・妊娠時は子宮筋の発育・増大に関与

この他にも、肝臓、血管・血液、骨、皮膚などにも働きかけ

身体の健康維持に重要な役割を果たしています。

 

・プロゲステロン

排卵後の卵胞が黄体化しプロゲステロンを分泌します。

 

主な働きは、

・エストロゲンとともに子宮内膜に働きかけ着床準備をする

・頚管粘液の分泌を抑え細菌などの侵入を防ぐ

・基礎体温を上昇させ高温期となる

 

お分かりいただけましたか?

もっと分かりやすく言うと、

 

エストロゲンは、子宮内膜を作り精子を迎えやすくする。

プロゲステロンは、妊娠しやすい状態を作る。

 

当たり前のことですが、どちらも妊娠に欠かせないホルモンですね。

 

しかし、妊娠はこの2つのホルモンだけでは成立しません。

 

次回は、その他妊娠に欠かせないホルモンについてお伝えします。

記事一覧に戻る

新規の方は特別価格で施術を受けていただけます

【予約制】ご予約・お問い合わせはこちら

  • 0567-24-0207
  • メールフォームはこちら

【 受付時間 】平日8:30~19:00 土曜・祝日8:30~17:00(日曜休診)

【 住所 】〒496-0037 愛知県津島市西愛宕町2-115-1 東園ビル1F

予約の受付時間
8:30~19:00

※土曜・祝日の予約の受付時間は8:30~17:00です。
休診日は、日曜日、GW、お盆、年末年始、その他当院の都合により休診とする場合があります。
ご迷惑をおかけいたしますがご了承願います。

  • 駐車場2台完備
  • 19時まで受付
  • 周辺マップ
Copyright © 整体House健康堂 All Right Reserved.